php mysql関数→mysqli関数へ

目的

mysql関数が非推奨になり(5.6現在)、将来的に削除されるとのことなので
mysqli関数に書き換える。(php7では削除されているとのこと)
手続き型(クラスを利用していない)に書き換えるではなく、
オブジェクト指向型(mysqliクラスをオブジェクト化して使用)への書き換えが
推奨されているので、それに従い書き換える方法を示す。

mysql関数(手続き型)

//データベースに接続
$con = mysql_connect($host, $username, $password);
if (!$con) {
    error_log(mysql_error());
    exit;
}

//データベースの選択
$res = mysql_select_db($dbname, $con);
if (!$res) {
    error_log(mysql_error());
    exit;
}

//SQLを実行
$res = mysql_query($sql, $con);
if (!$res) {
    error_log(mysql_error());
    exit;
}

//行数を取得する
$num_rows = mysql_num_rows($result);

//結果の出力(数値配列)
while($row = mysql_fetch_array($result)){
  print $row0[0];
}

//結果の出力(連想配列)
while($row = mysql_fetch_assoc($res)){
    error_log(mysql_real_escape_string($row['name']));
}

//接続のクローズ
mysql_close($con);

mysqli関数(オブジェクト指向型)

//データベースの接続と選択
$mysqli = new mysqli($host, $username, $password, $dbname);
if ($mysqli->connect_error) {
    error_log($mysqli->connect_error);
    exit;
}

//SQLを実行
$res = $mysqli->query($sql);
if (!$res) {
    error_log($mysqli->error);
    exit;
}

//行数を取得する
$num_rows = $result->num_rows;

//結果の出力(数値配列)
while($row = $result->fetch_array(MYSQLI_NUM)){
  print $row0[0];
}

//結果の出力
while ($row = $res->fetch_assoc()){
    error_log($mysqli->real_escape_string($row['name']));
}

//接続のクローズ
$mysqli->close();