どんづきお結び

いま、セブンイレブンに行くと「塩むすび」が売られている。塩で握っただけのお結びで、中には梅干しやらおかかなどが一切入っていない、実にシンプルなお結びである。

これを見て思い出した。

田舎の「どんづきお結び」。

「どんづき」とは、家を建てる際に、近隣の住民が沢山集まり土を突き(搗き)固める作業のことを言ったが、「家を建てる」ための地鎮祭的な意味合いや、近隣の方への「挨拶」的な意味合いの強いものだった様に思う。

この「どんづき」が終ると、手伝って戴いたお礼に振舞われたのが「どんづきお結び」だった。

「どんづきお結び」は、具を入れず、塩だけで結んだ「大人のコブシ」大のおにぎりと決まっていた。「力仕事で、さぞかしお腹がすいたことでしょう」と、お礼の意味が込められていたのだろう。

セブンイレブンの、小奇麗に包装された小さなお結びを見たら、遠い昔の「どんづきお結び」が脳裏に浮かび、懐かしく、書き留めておこうと思った次第。

突然の涼しさ

昨日(23日、秋分の日)から突然涼しくなってきた。暑さはもう辟易だが、急に涼しくなるとなったで、一抹の寂しさがある。

それにしても、今年の夏の暑さはこたえた。昨年は、退職後初の自宅で過ごす夏でも、暑さをそれ程の感じなかったのが、今年は1日中クーラーを付けっ放しの日が続いた。

それも、もう終わりだろう。曼珠沙華の開花が遅れているそうだが、漸く咲き始めたようだ。今年は、どこに曼珠沙華を見に行こうか。

今度はウィルスバスター2011

QuickTimeが一段落したかと思いきや、今度はウィルバスター。

無償でウィルバスター2011にバージョンアップとのうたい文句に乗ったのが大間違い。ダウンロードやら再起動やら、いろいろやった末にインストール失敗。

指示に従い、2011を削除したが、1時間以上も無駄な時間を費やした上に、その後の手順がない。対策法を、トレンドマイクロのサイトで探しまくったが、その間は全くの無防備状態。結局、ウィルスバスター2010を再度インストールするハメになってしまった。トータル2時間の無駄時間、なんと言うことだ!

トラウマになってしまいそう!

QuickTime Playerが「エラー 46」

QuickTime Playerが「エラー 46:QuickTime ActiveX コントロールを読み込めなかったか検出できませんでした」とのエラーで起動しない。Updateの所為のようだが、アンインストール→再インストールをしても事象が変わらない。

インターネットをググってみると、ここに対策が書かれていた。

http://akira918.blogzine.jp/akira918/2008/04/quicktime_playe_99dd.html

手順が長いので、要約してみた。

(1) SubInACLのダウンロードとインストール

次のURLから「subinacl.msi」をダウンロードし、インストールする。

http://www.microsoft.com/downloads/en/details.aspx?FamilyID=e8ba3e56-d8fe-4a91-93cf-ed6985e3927b&displaylang=en

(2) reset.cmdのダウンロード

reset.cmdを、

http://akira918.blogzine.jp/akira918/files/reset.cmd

を開き、右クリックで「名前を付けてページを保存」を選択し、

C:\Program Files\Windows Resource Kits\Tools

に、ファイル名をreset.cmdにして保存する。

(3) アカウント制御を無効にし、再起動

(4) reset.cmdの実行

C:\Program Files\Windows Resource Kits\Tools\reset.cmd

をダブルクリックしてreset.cmdを実行する

(5) アカウント制御を有効に戻し、再起動

あれから3年

あの入院から3年経過した。その時、禁煙も開始したので、それも3周年。

人生最大の転換期、思い描いたストーリが全て狂った瞬間だったのかもしれない。

今日は、その記念日。

全画面表示

女房が使っているIE7(Vista)が、全画面表示になり、スタートボタンさえ見えなくなり大騒ぎ。ググってみて、F11で元に戻ることが分った。試しにFirefoxでもF11を押したら、やはり全画面表示になる。

操作に不慣れな人には迷惑千万。こんな機能は何に必要なのかイマイチ分らないが。。。