冷汗三斗

jQueryをw3schoolで調べていたが、事例の1つがどうしても自分の環境で動作しないので、ApacheやPHPのバージョンを疑い出したのが、事の発端。

使用中のxamppは1.7.0のインストーラ版であるが、インストーラ版の場合は、アップグレードが簡単にできる旨のことがApache Friendsにも書いてある。

ApacheやPHPのバージョンも最新のものにアップもできるので、やってみることにした。しかし、1.7.0から1.7.3へは一足飛びにアップグレードができない。困ったなとは思ったが、順番にアップグレードすることを思いつき、「1.7.0-1.7.1」を先ずダウンロード。引続き「1.7.1-1.7.2」を、と思いきや・・・それほど甘くは無かった。「1.7.1-1.7.2」は、詳細はよく分からないが、PHPに関することでアップグレード版はないらしい。英語のサイトに「甘ったれんな、自分で苦労してアップグレードしろ」と云うようなことが書いてある。

仕方がないので、アンインストール→再インストールの道を歩むことに。兎に角バックアップと云うことで、xampp以下の内容を全てバックアップ。次に、apacheをストップして、コントロール・パネルからアンインストール。

ここからが、想定外の状況に。「htdocsも削除しますか?」と聞かれたので、バックアップも取ってあるので、勿論「OK」。

htdocs内には、作成したデータが大量になってきたので、データの大半を外付けディスクに移動し、シンボリックリンクのが存在していた。アンインストールすれば、シンボリックリンクは削除されても、ファイルやディレクトリ実体は削除されないと思っていたが、このリンクを伝ってファイルやディレクトリを削除してしまうとは、ゆめゆめ考えもしなかった!

それならコピーの方もそうなっていることを期待したが、リンク先のデータは対象外。全くファイルもディレクトリもコピーされず。

「やっちまった」。この現実を目の当たりにし、全身に冷汗が・・・これって本当に汗が出ることを、初めて体験した。

ここで、少し冷静になり考えた。データは削除しても、フォーマットしない限り消えないので、復元するツールを誰かがきっと作っているはず。早速、ググってみると、やはりあるものだ。今回は、「Pandora Recovery」を使用したが、ドライブから削除したファイル検索の速度と、リカバリ方法の面で優れていた。

何はともかく、全てのファイルが復元でき、ホッとしたが、「Pandora Recovery」には、感謝感謝である。

動かなかった事例は、今回のバージョンアップで動くには動いたのだが、前のバージョンでIEやOperaでは動いていたので、謎は深まるばかり。真の原因は掴めていない。