Outlook2010の不具合

12月9日から、outlook2010の動きが変になっていた。
例えば、Outlookを起動後に設定していた内容が保存されず
(1) 常に全画面で表示される(通常は、画面の1/3位のサイズに設定している)。
(2) メール一覧の下部に設定してある閲覧ウィンドウが未設定になっている。
(3) Outlookを終了時、削除フォルダをクリアする設定とのが「クリアしない」に戻る。
等の現象が起きていた。
12月9日に行った windows update に原因があることは明白なので、次の update を
期待していたのだが、12月18、19日両日の update でも現象の改善は見られなかった。
またダメかと、Outlookを終ろうとしたときに、タイトルバーが
「Microsoft Outlook(セーフモード)」
になっていることには気付いた。
「セーフモード」が何者かは知る由もないが、察するに、機能の一部を制限して
動いているということなのだろう。それ故、様々な設定を Outlook に指定しても無視
され、再起動時には、初期状態に戻されることは理解できる。

その対策を「outlook2010 セーフモード」でググると、影響をまともに食らった人が
多いらしく、簡単に対策が見つかりました。
更新プログラムの中の「KB3114409」のアンインストール
が、その対策です。

更新プログラムのアンインストール方法は以下を参照願いたい。
https://121ware.com/qasearch/1007/app/servlet/relatedqa?QID=011024

シンボリックリンクの作成と削除

(1)F ドライブのファイル web に対し、C:\xampp\htdocs にシンボリックリンク weblink を作成する場合

cd c:\xampp\htdocs
mklink /D f:web weblink

(2)上記シンボリックリンクを削除する場合

cd c:\xampp\htdocs
rmkdir weblink

要するに、ディレクトリを消せばリンクも切れると言うことのようです。

サムネイル画像の自動生成

イメージギャラリーを作成する際、画像ツールによりサムネイル画像を

事前に準備するのが面倒なので、オリジナルの画像から自動的に生成

する方法を考えてみた。

(1) PHP による画像サイズの変更

次の関数は、オリジナル画像を指定のサイズに変更するものです。


<?php
function thumbImg($in_image, $in_width, $in_height){
// 出力する画像サイズの指定
$width  = $in_width;
$height = $in_height;

// サイズを指定して、背景用画像を生成
$canvas = imagecreatetruecolor($width, $height);

// コピー元画像の指定
$targetImage = $in_image;

// ファイル名から、画像インスタンスを生成
$image = imagecreatefromjpeg($targetImage);
// コピー元画像のファイルサイズを取得
list($image_w, $image_h) = getimagesize($targetImage);

// 背景画像に、画像をコピーする
imagecopyresampled($canvas,  // 背景画像
$image,   // コピー元画像
0,        // 背景画像の x 座標
0,        // 背景画像の y 座標
0,        // コピー元の x 座標
0,        // コピー元の y 座標
$width,   // 背景画像の幅
$height,  // 背景画像の高さ
$image_w, // コピー元画像ファイルの幅
$image_h  // コピー元画像ファイルの高さ
);

ob_start();       // 出力のバッファリングを有効にする
imagejpeg($canvas, NULL, 100);  // jpeg 画像をブラウザあるいはファイルに出力する
// 出力用バッファの内容を取得し、base64 にエンコードする
$content = base64_encode(ob_get_contents());
ob_end_clean();   // 出力のバッファリングをオフにする
imagedestroy($canvas);
echo $content;        // エンコードデータを返す
}
?>

(2)HTML から関数呼び出し

<?php
// ディレクトリの位置確認
if ($handle = dir('./img')) {  <!-- 画像ファイルのディレクトリ指定 -->
while (false !== ($file = $handle->read())) { <!-- ディレクトリ内の全画像を処理する -->
  if (is_file('./img/' . $file)) {
?>
    <!-- base64に変換された画像をHTMLに直接貼り付ける -->
    <img class="img-responsive" src='data:image/jpeg;base64,<?php thumbImg("./img/$file",348,235); ?>'>
<?php
  }
}
//closedir($handle);
} else {
  echo("ディレクトリのオープンに失敗");
}
?>

 

wordpressの子テーマによるフォント変更

wordpress デフォルトのフォントスタイルを変更して使用していたのだが、

様々な更新が入っていたので、最新バージョンにアップデートしたところ

元の醜いフォントに逆戻りしてしまった。

wordpress 付属の無償テンプレート全てにも更新が入っていたので、

多分その所為で、以前の設定が消されてしまったのだろう。

再設定しようにも、前のやり方をメモっていなかったので、設定方法の検索

から再スタートすることに。

キーワード「子テーマ」を失念していたため中々意中の対策が検索できず

多くの時間を浪費してしまった。

と言うことで、今回はしっかりメモをしておこうと投稿している次第。

【手順】

(1) 外観→テーマの編集

(2) テキスト編集画面に以下を入力

(先頭に10行程のコメントがあるが、削除せずその直下に以下を入力すること)

body{
  font-family: “メイリオ”, Meiryo, sans-serif;
}

sans-serif は不要かと思うが、メイリオを持っていない人のための保険です。