PHP strftime() のwindows サポート

PHPドキュメント内に、標記関数の全formatパラメータのサポート状況を調査するような事例が記載されています。
これを、windows7 xampp(PHP 5.6.30) とレンタルサーバ(lolipop php:5.4.45)の双方で実行してみた。

format lolipop windows
‘%’
‘A’
‘a’
‘B’
‘b’
‘C’ ×
‘c’
‘D’ ×
‘d’
‘E’ ×
‘e’ ×
‘F’ ×
‘f’ ×
‘G’ ×
‘g’ ×
‘h’ ×
‘H’
‘i’ ×
‘I’
‘J’ ×
‘j’
‘K’ ×
‘k’ ×
‘L’ ×
‘l’ ×
‘M’
‘m’
‘N’ ×
‘n’ ×
‘O’ ×
‘o’ ×
‘P’ ×
‘p’
‘Q’ ×
‘q’ ×
‘R’ ×
‘r’ ×
‘s’ ×
‘S’
‘T’ ×
‘t’ ×
‘u’ ×
‘U’
‘V’ ×
‘v’ ×
‘W’
‘w’
‘X’
‘x’
‘Y’
‘y’
‘Z’
‘z’

○:Known format
×:Unknown format

この他、’z’(タイムゾーンオフセット)と’Z’(タイムゾーン略称)の戻り値が
不正(?)のため、文字化けのような値が表示されるようなものもあります。

以上から、windowsでは未実装な部分が意外に多いことが分かりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.