薄明に関するメモ

引続き、PHP日付関数から。
twilightと言う単語が出てくるので、その定義を調べたもの。
「トワイライト」と言うと、私の勝手なイメージからは「薄暮」と言う言葉が浮かぶのだが、
実際は、日の出前と日の入後の「薄明」のことを言うらしい。

以下は、国立天文台からの引用です(一部編集しています)。

日の入り後(日の出前),しばらくは暗くならない.上空の大気が太陽光を散乱し
て光っているためでこれを薄明という.他に日暮れ,黄昏,夜明け,黎明[れい
めい]などとも呼ばれる.

(1) 太陽の伏角[ふかく](水平線と水平線下の太陽の中心とのなす角)が6度以内
  では, 戸外での作業に差し支えない程度の明るさで,一等星が見える
  (日の入り~6度,常用薄明または市民薄明)。
(2) 12度までは海上で水平線が認められる状態で,多くの星が見えるようになる
  (6度~12度,航海薄明)。
(3) さらに太陽が低くなり伏角が18度に達すると,空はほとんど完全に暗くなり肉
  眼で6等星まで見え天文観測ができる
  (12度~18度,天文薄明)。

PHPでは、date_sun_info()関数でこの情報が取得できます。

(1) 市民薄明:civil_twilight_begin と civil_twilight_end
(2) 航海薄明:nautical_twilight_begin と nautical_twilight_end
(3) 天文薄明:astronomical_twilight_begin と astronomical_twilight_end

などが、連想配列で取得できます。

但し、精度は保証の限りではありません!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.