Pukiwiki-1.5.1にSyntaxHighlighterを設定する

正式にはサポートされなくなった(?)のか
Pluginが消えてしまった。

仕方がないので、Pukiwiki-1.4.7で使用していたPluginを
そのまま使用してみた。

【導入手順】
(1) プラグイン sh.inc.phpをダウンロードし、解凍後、
Pukiwikiのpluginフォルダに配置してください。
(なお、このプラグインは、現在リンク切れになっているので、筆者のパソコンに設定してあったものです。
利用する場合は、自己責任でどうぞ)
(3) SyntaxHighlighterをダウンロードし、解凍します。
解凍したフォルダ内の「scripts」、「styles」の両フォルダを、pukiwiki フォルダ内の skin/sh フォルダにそのままコピーします。
(4) pukiwiki.ini.php の56行目付近を次のように変更します。

//define('PKWKEXP_DISABLE_MULTILINE_PLUGIN_HACK', 1); // 1 = Disabled この行をコメントアウトします
define('PKWKEXP_DISABLE_MULTILINE_PLUGIN_HACK', 0); // 1 = Disabled  この行を追加します

これで、ハイライト表示が可能になるが、見映えを改善するため
pukiwiki 内の、skin/sh/styles にある「shCore.css」に次の変更を加えます。

(1) 表示領域の右側に、無条件に縦スクロールバーが表示されるので
それを表示しないようにする

55行目付近

.syntaxhighlighter {
  width: 100% !important;
  margin: 1em 0 1em 0 !important;
  position: relative !important;
  overflow: auto !important;
  font-size: 1em !important;
  overflow-y: hidden !important;  /* この行を追加する */
}

(2) フォントスタイルを変更する

47行目付近

font-family: "Consolas", "Bitstream Vera Sans Mono", "Courier New", Courier, monospace !important;

font-family: "Meiry UI",メイリオ,"Consolas", "Bitstream Vera Sans Mono", "Courier New", Courier, monospace !important;

好みのフォントを追加する。

【使い方】

#sh(brush){{

ここにコードを配置する

}}

brush の種類は、こちら を見てください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.