Jupyter notebook を PDF 出力(Ubuntu編)

Jupyter notebook で作成した ipynb ファイルは、様々な形式に変換できる。
サポートしている形式は以下の通り。

  1. HTML
  2. LaTeX
  3. PDF
  4. Reveal.js HTML slideshow
  5. Markdown
  6. reStructuredText
  7. executable script
  8. notebook

個人的には、HTMLとPDFだけで十分ではあるが・・・

例えば「test.ipynb」をHTMLに変換するには、コマンドラインから

とするとHTMLがtest.ipynbと同じディレクトリにtest.htmlが作成される。
css部分が巨大なので、1万ステップを超えるファイルになってしまうので、body部分のみを出力したい場合は、次のようにする。

PDF出力も、HTMLをPDFに変更した同じコマンドを使用する。

しかし、この形式に変換るにはLaTexを使用するので、先ずはLaTexのインストールが必要となる。
LaTexのインストール手順は以下の通り。

これでLaTexのインストールは完了していると思われるのだが、「xelatex」がPATHに登録されていないとのエラーが発生する。
致し方ないので、xelatexもインストールしてみる。
理由は分からないが、これで無事PDFが出力できるようになったが、イマイチ腑に落ちない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください