Rで行と行の計算を行う

Rで異なる行同士の演算ってどうしたものやら、全く分からない。
と言うことで、SQLite3を使おうとしたもの。(前のブログ参照)
データは、SQLite3と同じ次のテーブルを使います。

このsaleの年度間の増減を計算したい場合、
つまり、次の様な表を作成するにはどうするか?

R の場合も、「LAG」がこの問題を解くキーワードでした。
mutate内で、lag()を使用します。

実行結果は次の通り。

通常の言語では、何のこともないこのような計算が、Rではある程度の予備知識がなければ途方に暮れてしまう程、面倒なものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.