R 起動コマンドの改善(windows編)

RGui を閉じる際に、毎回ワークスペースの保存有無を聞かれるが、答えはいつも[n」なのに・・・
「q(‘n’)」とするのも面倒だし。
こちらのPDF文書およびSlide Shareに、その解決策が記載されていました。
保存有無を問わないようにするには、次の何れかを指定します。

–save ワークスペースを保存して終了
–no-save ワークスペースを保存しないで終了

これを、R のインストール時に作成されたショートカットに設定します。
保存しない場合の設定は、次の通りです。
(1) ショートカットを右クリック、プロパティを開く。
(2) プロパティの「リンク先」を次の通り変更する。
(変更前)”C:\Program Files\R\R-3.5.0\bin\x64\Rgui.exe” –cd-to-userdocs
(変更後)”C:\Program Files\R\R-3.5.0\bin\x64\Rgui.exe” –cd-to-userdocs –no-save
(Rgui の場所は、自分の環境に合わせて変更してください。)
(3) 「OK」をクリックして、変更を保存する。

ubuntu 18.04 への R 3.5 のインストール

UBUNTU PACKAGES FOR Rからの引用。
手順は以下の通り。

/etc/opt/sources.listの編集

最新のR 3.5パッケージを入手するため、/etc/apt/sources.list の最下行に次のエントリを追加する。

追加は、vim でも gedit でも好きなエディタでよい。例えば、gedit なら

とし、上記コードを最下行にコピペし「保存」すればよい。
その際、何やらかんやらメッセージが出るが、ファイルは更新されているので無視してよい。

鍵の設定

(2018/11/15追加)
Ubuntu 鍵サーバにある2番目の鍵に問題があるので、次の何れかの方法でキーを登録する必要がある。

詳しくは、こちらを参照。

R のインストール