Ubuntu 18.04 にTeXlive2018をインストール

LaTeX のインストールについては、apt-get による様々な方法が説明されています。しかし、何れの方法をとっても、RStudio において R Markdown を PDF に変換できないのです。何かが足りないようではあるのですが、その何かが分からない。エラーログが、もう少しユーザフレンドリーであったらな~

そこで、最も確実なインストール方法として TeX Live ホームページの手順に従うことにしたものです。

手順

  1. インストーラのダウンロード
  2. インストーラによる TeXlive のインストール
  3. シンボリックリンクの作成

1.インストーラのダウンロード

TeX Live ホームページに行き、”download” をクリックする。

遷移したページの中から、「install-tl-unx.tar.gz (3mb)」をクリックしてダウンロードする。

ダウンロードしたファイルを解凍します。

2.インストーラによる TeXlive のインストール

TeXlive のインストールは、次のコマンドを実行するだけです。

これを実行すると、ズラズラとメッセージが表示され、最後に次のメッセージが表示され、待ち状態になります。

ここで、「i」を入力して、Enter キーを押下するとインストールが始まります。
時間はかかりますが、操作が単純で余分なことをせずにフルインストールができるのが、素晴らしい点です。

3.シンボリックリンクの作成

インストールが完了したら、”/usr/local/bin”以下にシンボリックリンクを作成します。

(注):「2018」の部分は、TeXLive のリリースバージョン(年)毎に異なります。
これにてTeXliveのインストールは完了です。

動作確認

(1) TeX 文書

次の文書を、”sample.tex” として保存します。

端末から、次のコマンドを入力し、PDF 文書が作成されるかを確認します。

(2) R Markdown

RStudio から次の R Markdown を入力し、knit します。

「mainfont」は、自分の環境に合わせ変更してください。日本語フォントを指定しないと、日本語部分が削除され「2018712」と表示されます。

latex_engine について

latex_engine: lualatex としても latex_engine: xelatex としても、問題なく動作しました。
しかし、これを指定しないとエラーで動作が停止しますので、必ず指定してください。

(参考サイト)

  1. TeX Live 2018 のインストール
  2. Ubuntu 14.04 LTSにTeXlive2015をインストール

-以上-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください