Pythonでスクレイピング

スクレイピングの例として、Yahoo からトヨタの株価を取得しグラフを描いてみる。
逐次確認しながら進めるため、Jupyter-notebookを使用する。

1.Yahoo からトヨタ(7203)の株価を取得する

2.株式のテーブルを取得し、その中の全行(tr)を取出す

結果は、次の様なリストになる。

3.株価データ用の2次元リストを作成する

出力結果の一部を示す

4.plotly で扱いやすくするため、2次元リストをデータフレームに変換する

5.plotly でグラフを描く

本来であれば「ローソク足」という株価特有のチャートにしたかったのだが
plotlyのものはとても馴染めないものだったので、折れ線グラフで妥協した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください