blogdownへの道(5)

GitHubへのアップロード

GitHub リポジトリへアップロードします。
アップロードではなく、Commit とか Push と言うのが正しいのかも知れませんが、如何せん GitHub の知識が皆無に近いので不正確な表現にはご容赦ください。
以降は、参考サイトの手順に従い進めていきます。

  1. フォルダ “public” を “docs” に変更し、Git タブを選択する。
    図 5-1 commit1
  2. Git タブ内の初期状態はこのように、全て未選択状態になっています。
    図 5-2 Gitタブ内の初期状態
  3. 全ファイル(ホルダ)の “staged” をクリックして選択し、次に “commit” ボタンをクリックします。
    図 5-3 Gitタブ内ファイル選択後の状態
  4. 上の操作で、次の画面が表示されるので “commit message” に好みに応じメッセージを入力後、”commit” ボタンをクリックします。
    図 5-4 commit 押下後の画面

    commit が終了すると、次のような画面が表示されるので “close” ボタンを押し閉じてください。

    図 5-5 commit完了画面
  5. いよいよ最後の操作で、画面右上の “push” をクリックします。
    図 5-6 push

    push が終了すると、次のような画面が表示されるので “close” ボタンを押し閉じてください。

    図 5-7 push完了画面

以上で、GitHub リポジトリへのアップロードは完了です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください