WordPress-子テーマによるフォントの変更

Twenty Fifteen を例に、子テーマを使用してフォントをカスタマイズする。
1. 子テーマ用のフォルダ作成
/wp-content/themes に、子テーマ用のフォルダとして
twentyfifteen-child
を作成する。
2.style.css
上記のフォルダに、次の style.css を作成する。

コメントは、子テーマの情報として認識されので、各項目はサイトに合わせて書き換えること。特に必要なのは以下の2つ:

  • Theme Name … 子テーマの名前(例:Twenty Fifteen Child)
  • Template … 親テーマのフォルダ名(例:twentyfifteen)

スペルミスをするとうまく認識されないので、きちんと確認してください。
3. function.php
続いて子テーマフォルダ内に functions.php というPHPファイルを作成する。
functions.php のコードは以下の通り。

4. 子テーマを有効化
以上で子テーマが使えるようになったので、これを有効化する。
ダッシュボードから「外観→テーマ」と進んで、Twenty Fifiteen Child を有効化する。


参考URL:
子テーマを作ってWordPressの既存テーマをカスタマイズする方法

以上

Jupyter notebook を PDF 出力(windows編)

w32TeXをインストール済みではあったが

とすると、「ucs.sty」がないとのエラーが発生する。
調べてみると、その他にも utf8x.def, uni-global.def, ucsencs.def が必要とのことである。

入手方法は、各ソース名を検索キーに指定すると、ソースそのものの URL が見つかるので、表示されたテキストを秀丸等のテキストエディタに貼り付け、次のディレクトリに格納する。

ソース名 ディレクトリ名
1 ucs.sty C:\w32tex\share\texmf-dist\tex\latex\ucs
2 utf8x.def C:\w32tex\share\texmf-dist\tex\latex\base
3 uni-global.def
4 ucsencs.def

以上

Crayon Syntax Highlighter の日本語化

新規に標記のプラグインを入れてみたが、メニューが英語表記のまま。
導入方法に関するサイトの情報では、何をすることもなく日本語化されているようなのでが、私の場合だけ何故?

いろいろ検索してみると、どうも次の2つのファイルが悪さをしているらしい。
① crayon-syntax-highlighter-ja.mo
② crayon-syntax-highlighter-ja.po

そこで、どっかのババアが言うように、次の手順でこれを「排除」する。
(1) (yoor-wordpress-site)/wp-content/languages/plugins に移動
(2) このディレクトリにバックアップ用のディレクトリ(例:backup)を作る
(3) この backup に上の2つのファイルを移動する

これで、メニューは日本語化されるはずです。

Crayon Syntax Highlighter のテスト

Crayon のテストです。

手順
(1)新規投稿→テキストモードへ
(2)ツールのメニューボタンから「crayon」を選択
(3)テキスト入力部分にソースを入力
(4)終ったら、上部の「Add」ボタンを押下
詳細な手順は、TECH ACADEMYを参照。

Rmdファイルの変換

Rmd(Rマークダウン)ファイルの変換メモ。

MathjaxにおけるLatexコマンドのテスト


$$\TeX$

$$\LaTeX$

$$
\begin{align}
(a+b)^2 &= (a+b)(a+b) \tag{3.1c} \\
&= a^2 + ab + ba + b^2 \tag{$\dagger$} \\
&= a^2 + 2ab + b^2 \tag{$\ast$}
\end{align}
$$

Mathjax Latex のテスト

Mathjax Latex のインストールについては、下の参考リンクを見てください。
参考リンク:http://webshufu.com/mathjax-latex/

数式を表示するには、[mathjax]をロードする必要がありますので
数式の直前に[mathjax]を使指定してください。

2つ目以降の式には、[mathjax]をロードする必要はありません。

【例1】


$$(三角形の面積)=\frac{(底辺)\times(高さ)}{2}$$

【例2】

$$N=\frac{r(r+1)^{n} }{(r+1)^{n}-1}$$

【例3】インライン表示

[latex]式[/latex] を使用すると、インライン表示 \(E=mc^2\) も可能です。

Pukiwiki-1.5.1にSyntaxHighlighterを設定する

正式にはサポートされなくなった(?)のか
Pluginが消えてしまった。

仕方がないので、Pukiwiki-1.4.7で使用していたPluginを
そのまま使用してみた。

【導入手順】
(1) プラグイン sh.inc.phpをダウンロードし、解凍後、
Pukiwikiのpluginフォルダに配置してください。
(なお、このプラグインは、現在リンク切れになっているので、筆者のパソコンに設定してあったものです。
利用する場合は、自己責任でどうぞ)
(3) SyntaxHighlighterをダウンロードし、解凍します。
解凍したフォルダ内の「scripts」、「styles」の両フォルダを、pukiwiki フォルダ内の skin/sh フォルダにそのままコピーします。
(4) pukiwiki.ini.php の56行目付近を次のように変更します。

//define('PKWKEXP_DISABLE_MULTILINE_PLUGIN_HACK', 1); // 1 = Disabled この行をコメントアウトします
define('PKWKEXP_DISABLE_MULTILINE_PLUGIN_HACK', 0); // 1 = Disabled  この行を追加します

これで、ハイライト表示が可能になるが、見映えを改善するため
pukiwiki 内の、skin/sh/styles にある「shCore.css」に次の変更を加えます。

(1) 表示領域の右側に、無条件に縦スクロールバーが表示されるので
それを表示しないようにする

55行目付近

.syntaxhighlighter {
  width: 100% !important;
  margin: 1em 0 1em 0 !important;
  position: relative !important;
  overflow: auto !important;
  font-size: 1em !important;
  overflow-y: hidden !important;  /* この行を追加する */
}

(2) フォントスタイルを変更する

47行目付近

font-family: "Consolas", "Bitstream Vera Sans Mono", "Courier New", Courier, monospace !important;

font-family: "Meiry UI",メイリオ,"Consolas", "Bitstream Vera Sans Mono", "Courier New", Courier, monospace !important;

好みのフォントを追加する。

【使い方】

#sh(brush){{

ここにコードを配置する

}}

brush の種類は、こちら を見てください。

名前空間付きの要素にアクセスする

かつて、こんな投稿を公開している。

$(xml).find('ksjc\\:PrefCd').each(function(){

確かに、この方法はFirefoxでは正しい対処方法です。
全く未確認のまま公開したものではありません。

でも、Chromeでは未確認でした。
今日、これがChromeでは全く動かないことが分かりました。
今朝4時からず~っと悩み続けました。

結論
名前空間付き要素へのアクセス方法がブラウザ毎に異なる
Qiitaに、この違いが記載されています。

上記の例の場合は、次の通り書き換えます。

$(xml).find('ksjc\\:PrefCd, PrefCd').each(function(){

これで、FirefoxでもChromeでも動くようになります。
なお、find(‘ksjc\\:PrefCd, PrefCd’)は、‘ksjc\\:PrefCd’ または ‘PrefCd’ の意です。

<gml:Point gml:id="p1">
  <gml:pos>35.60733100 140.10638000</gml:pos>
</gml:Point>

この様な、xmlの属性 gml:id にアクセスする場合は

$(xml).find("Point").each(function(){
  gid = ($(this).attr("gml:id");

名前空間(gml)が必要ですので注意が要ります。

xamppへのXdebugのインストールと設定

諸般の都合でXdebugが必要になった。
インストールしようと、いろいろググってみると
大半の情報が、\xampp\php\extにxdebug.dllが存在し
php.iniにもその指定がコメントで記述してあること
を前提としたもの。
つい最近、phpを5.6.30にv-upした所為なのだろうか、
私の環境にはそれが無いし、
php.iniにもそのような記述がない。

とは言え、あちこち調べて朧げに分かったことは、
Xdebugのインストールとは、次の内容の作業ことを
言うらしいとのこと。
(1)Xdebugをダウンロードする。
(2)ダウンロードした dll を\xampp\php\extに配置する。
(3)php.ini にxdebug 情報を追記する。
(このことは、GitHubに端的に記述してありました。)

今回は、こちらから「PHP 5.6 VC11 TS (32 bit) 」をダウンロードしました。
xampp phpのv-upで、64bit版のインストールができなかったので
32bit版をダウンロードしています。

これを(2)にコピーして、php.iniの最下部に次の行を追加します。

[XDebug]
zend_extension = "c:\xampp\php\ext\php_xdebug-2.5.0-5.6-vc11.dll"
xdebug.remote_autostart = 1
xdebug.profiler_append = 0
xdebug.profiler_enable = 0
xdebug.profiler_enable_trigger = 0
xdebug.profiler_output_dir = "c:\xampp\tmp"
;xdebug.profiler_output_name = "cachegrind.out.%t-%s"
xdebug.remote_enable = 1
xdebug.remote_handler = "dbgp"
xdebug.remote_host = "127.0.0.1"
xdebug.remote_log="c:\xampp\tmp\xdebug.txt"
xdebug.remote_port = 9000
xdebug.trace_output_dir = "c:\xampp\tmp"
; 3600 (1 hour), 36000 = 10h
xdebug.remote_cookie_expire_time = 36000

なお、

zend_extension = "c:\xampp\php\ext\php_xdebug-2.5.0-5.6-vc11.dll"

の部分は、自分の環境やダウンロードしたXdebugに基づいて変更する
必要があります。

変更したphp.iniを保存後は、xamppコントロール・パネルから
Apacheを、stop→start としてphp.iniの変更を反映させます。