jQuery イベント メソッド


jQuery イベント・メソッド

イベント・メソッドは、選択した要素のイベントハンドラへの関数をトリガするか、またはアタッチします。

次の表は、イベントを処理するために使用するすべての jQuery メソッドを示しています。

メソッド 説明
bind() 要素にイベントハンドラをアタッチする
blur() blur イベントをアタッチ/トリガする
change() change イベントをアタッチ/トリガする
click() クリック・イベントをアタッチ/トリガする
dblclick() ダブルクリック・イベントをアタッチ/トリガする
delegate() 一致する要素の現在、またはこれから指定する子要素にハンドラーをアタッチする
die() version 1.9 で削除。 live() メソッドで追加した全イベントハンドらを削除する
error() version 1.8 で非推奨。 error イベントをアタッチ/トリガする
event.currentTarget イベントバブル・フェーズ内の現在の DOM 要素
event.data 実行中のハンドラがバインドされたときにイベントメソッドで渡したデータを含む
event.delegateTarget 現在呼び出されている jQuery イベントハンドラがアタッチされた要素を返す
event.isDefaultPrevented() イベントオブジェクトに対し event.preventDefault() が呼び出さたかどうかを返す
event.isImmediatePropagationStopped() イベントオブジェクトに対し event.stopImmediatePropagation() が呼び出さたかどうかを返す
event.isPropagationStopped() イベントオブジェクトに対し event.stopPropagation() が呼び出さたかどうかを返す
event.namespace イベントがトトリガされたときに指定した名前空間を返す
event.pageX ドキュメント左端からのマウス位置を返す
event.pageY ドキュメント上端からのマウス位置を返す
event.preventDefault() イベントのデフォルト動作を抑止する
event.relatedTarget マウス動作で、上にのるか出て行った要素を返す
event.result 指定のイベントによりトリガされたイベントハンドラにより最後/直前に返された値を含む
event.stopImmediatePropagation() 他のイベントハンドラが呼び出されるのを抑止する
event.stopPropagation() イベントがDOM ツリーをバブリングするのを抑止し、イベントから全ての親要素に通知されないようにする
event.target DOM 要素がトリガしたイベントを返す
event.timeStamp イベントがトリガされた時に、1970年1月1日からのミリ秒数を返す
event.type トリガされたイベントのタイプを返す
event.which イベントでどのキーボードのキーやマウスボタンが押されたかを返す
focus() focus イベントをアタッチ/トリガする
focusin() focusin イベントへイベントハンドラをアタッチする
focusout() focusout イベントへイベントハンドラをアタッチする
hover() hover イベントへイベントハンドラをアタッチする
keydown() keydown イベントをアタッチ/トリガする
keypress() keypress イベントをアタッチ/トリガする
keyup() keyup イベントをアタッチ/トリガする
live() version 1.9 で削除。 現在またはこれから選択する要素に1つ以上のイベントハンドラを追加する
load() version 1.8 で非推奨。 load イベントにイベントハンドラをアタッチする
mousedown() mousedown イベントをアタッチ/トリガする
mouseenter() mouseenter イベントをアタッチ/トリガする
mouseleave() mouseleave イベントをアタッチ/トリガする
mousemove() mousemove イベントをアタッチ/トリガする
mouseout() mouseout イベントをアタッチ/トリガする
mouseover() mouseover イベントをアタッチ/トリガする
mouseup() mouseup イベントをアタッチ/トリガする
off() on() メソッドでアタッチしたイベントハンドラを削除する
on() 要素にイベントハンドラをアタッチする
one() 選択した要素に1つ以上のイベントハンドラを追加する。 このハンドラは、要素ごとに一度だけトリガすることができます
$.proxy() 既存の関数を指定し、特定のコンテキストを持つ新しい関数を返す
ready() DOM が完全にロードされたときに実行する関数を指定する
resize() resize イベントをアタッチ/トリガする
scroll() scroll イベントをアタッチ/トリガする
select() select イベントをアタッチ/トリガする
submit() submit イベントをアタッチ/トリガする
toggle() Rversion 1.9 で削除。 クリックごとに交代で実行させる2つ以上のハンドラをアタッチする
trigger() 選択要素にバインドした全イベントをトリガする
triggerHandler() 選択要素の指定したイベントにバインドした全関数をトリガする
unbind() 選択した要素からイベントハンドラを削除する
undelegate() 現在または将来的に、選択した要素からイベントハンドラを削除する
unload() version 1.8 で非推奨。 unload イベントへイベントハンドラをアタッチする