AJAX - XMLHttpRequest オブジェクトの作成

❮ 前章へ 次章へ ❯

AJAX の最も重要な部分は、XMLHttpRequest オブジェクトです。


XMLHttpRequest オブジェクト

最新のブラウザは、全て XMLHttpRequest オブジェクトをサポートしています。

XMLHttpRequest オブジェクトは、舞台裏でサーバとのデータ交換のために使用します。 これによって、ページ全体をリロードせずに、Web ページの部分更新が可能になります。


XMLHttpRequest オブジェクトの作成

最新のブラウザ(Chrome、IE7+、Firefox、Safari、Opera)は、組込みの XMLHttpRequest オブジェクトを持っています。

XMLHttpRequest オブジェクトの作成構文:

variable = new XMLHttpRequest();

Internet Explorer の旧バージョン(IE5、IE6)は、ActiveX オブジェクトを使用します:

variable = new ActiveXObject("Microsoft.XMLHTTP");

IE5 と IE6 を含む全てのブラウザを扱う場合、ブラウザが XMLHttpRequest オブジェクトをサポートしているかどうかをチェックします。 サポートしていれば XMLHttpRequest オブジェクトを作成し、サポートしていなければ ActiveXObject を作成します:

var xhttp;
if (window.XMLHttpRequest) {
    xhttp = new XMLHttpRequest();
    } else {
    // code for IE6, IE5
    xhttp = new ActiveXObject("Microsoft.XMLHTTP");
}
Try it Yourself »

次章では、サーバへのリクエスト送信を学習します。


❮ 前章へ 次章へ ❯