WordPress-子テーマによるフォントの変更

Twenty Fifteen を例に、子テーマを使用してフォントをカスタマイズする。
1. 子テーマ用のフォルダ作成
/wp-content/themes に、子テーマ用のフォルダとして
twentyfifteen-child
を作成する。
2.style.css
上記のフォルダに、次の style.css を作成する。

コメントは、子テーマの情報として認識されので、各項目はサイトに合わせて書き換えること。特に必要なのは以下の2つ:

  • Theme Name … 子テーマの名前(例:Twenty Fifteen Child)
  • Template … 親テーマのフォルダ名(例:twentyfifteen)

スペルミスをするとうまく認識されないので、きちんと確認してください。
3. function.php
続いて子テーマフォルダ内に functions.php というPHPファイルを作成する。
functions.php のコードは以下の通り。

4. 子テーマを有効化
以上で子テーマが使えるようになったので、これを有効化する。
ダッシュボードから「外観→テーマ」と進んで、Twenty Fifiteen Child を有効化する。


参考URL:
子テーマを作ってWordPressの既存テーマをカスタマイズする方法

以上

Jupyter notebook を PDF 出力(windows編)

w32TeXをインストール済みではあったが

とすると、「ucs.sty」がないとのエラーが発生する。
調べてみると、その他にも utf8x.def, uni-global.def, ucsencs.def が必要とのことである。

入手方法は、各ソース名を検索キーに指定すると、ソースそのものの URL が見つかるので、表示されたテキストを秀丸等のテキストエディタに貼り付け、次のディレクトリに格納する。

ソース名 ディレクトリ名
1 ucs.sty C:\w32tex\share\texmf-dist\tex\latex\ucs
2 utf8x.def C:\w32tex\share\texmf-dist\tex\latex\base
3 uni-global.def
4 ucsencs.def

以上

Jupyter notebook を PDF 出力(Ubuntu編)

Jupyter notebook で作成した ipynb ファイルは、様々な形式に変換できる。
サポートしている形式は以下の通り。

  1. HTML
  2. LaTeX
  3. PDF
  4. Reveal.js HTML slideshow
  5. Markdown
  6. reStructuredText
  7. executable script
  8. notebook

個人的には、HTMLとPDFだけで十分ではあるが・・・

例えば「test.ipynb」をHTMLに変換するには、コマンドラインから

とするとHTMLがtest.ipynbと同じディレクトリにtest.htmlが作成される。
css部分が巨大なので、1万ステップを超えるファイルになってしまうので、body部分のみを出力したい場合は、次のようにする。

PDF出力も、HTMLをPDFに変更した同じコマンドを使用する。

しかし、この形式に変換るにはLaTexを使用するので、先ずはLaTexのインストールが必要となる。
LaTexのインストール手順は以下の通り。

これでLaTexのインストールは完了していると思われるのだが、「xelatex」がPATHに登録されていないとのエラーが発生する。
致し方ないので、xelatexもインストールしてみる。

理由は分からないが、これで無事PDFが出力できるようになったが、イマイチ腑に落ちない。

Anaconda-Navigateから jupyter lab が使用できない

windows7にインストールした、Anaconda3のAnaconda-Navigateから
jupyterlabのlaunchボタンをクリックすると、一応デフォルトの
ブラウザが立ち上がり、jupyter notebook のアイコンが一時的に
表示されるのだが、直ぐにそれも消えて真っ白な画面に戻り、
何時まで経っても何の反応もない。

色々調べてみると、
GitHub
には、概略次のような記述がある。

「動作が確認されているのは次のもの。

  • 最新の Firefox
  • 最新の Chrome
  • 最新の Safari

古いバージョンでも動作するかもしれないが、何れも保証はない。

JupyterLab は、CSS 変数を使用しているので、それをサポートしていない IE 11+ や Edge 14 はサポート対象外。」

デフォルトのブラウザを換えたくないので、jupyter側のブラウザをChromeに変更する。
手順は、Qiitaを参考にした。

(1) /users/(あなたのユーザ名)/.jupyter/jupyter_application_config.py
が存在するかを確認。なければ、コマンドプロンプトより次のコマンドを実行する。

(2) jupyter_application_config.pyをテキストエディタで開き
c.NotebookApp.browser = ”を探す。
この下に次の行を追加し、保存する。

以上

phpAdminの設定

Apacheが突然動作しなくなった。
原因が全く掴めないので、xamppを再インストールすることに。

前回から約4年が経過し、随分内容に変化が見られるが
自分の環境で静かに動いてくれればよいので、MySQLに以前通りの
passwordを設定したのみ。

ところが、この所為でphpAdminが動作不能に。
前のバージョンでは、ログイン画面が出てパスワード聞いてきたのに
いきなり「パスワードが一致しない」と!
そりゃそうだわな、ログインもしてないし、パスワードも入力してないんだから。

ググって、いろいろ調べるも、どれもこれも古い情報ばかり。
検索条件を「一年以内」に絞って探し当てたのが
「AdminWeb」サイトの
「rootのパスワード設定後にphpMyAdminのログインに関する設定を行う」
と云う記事。

こんな風に変化しているとは驚きです。

Crayon Syntax Highlighter の日本語化

新規に標記のプラグインを入れてみたが、メニューが英語表記のまま。
導入方法に関するサイトの情報では、何をすることもなく日本語化されているようなのでが、私の場合だけ何故?

いろいろ検索してみると、どうも次の2つのファイルが悪さをしているらしい。
① crayon-syntax-highlighter-ja.mo
② crayon-syntax-highlighter-ja.po

そこで、どっかのババアが言うように、次の手順でこれを「排除」する。
(1) (yoor-wordpress-site)/wp-content/languages/plugins に移動
(2) このディレクトリにバックアップ用のディレクトリ(例:backup)を作る
(3) この backup に上の2つのファイルを移動する

これで、メニューは日本語化されるはずです。

Crayon Syntax Highlighter のテスト

Crayon のテストです。

手順
(1)新規投稿→テキストモードへ
(2)ツールのメニューボタンから「crayon」を選択
(3)テキスト入力部分にソースを入力
(4)終ったら、上部の「Add」ボタンを押下
詳細な手順は、TECH ACADEMYを参照。

グラフィクスをファイルへ保存

グラフィクスのファイル保存方法

R で作成したグラフィクスのファイルを保存するには
以下の2方法があります。

(1) savePlot

画面にグラフィクスを作成後、savePot関数を呼び出す。

savePlot("filename.ext"), type="type")

(2) バッチスクリプトの使用

  1. png(…) や jpeg(…) などの関数を呼び出し、新しいグラフィクスファイルを開く。
  2. plotやその他の関連関数を呼び出し、グラフィクスイメージを作成する。
  3. dev.off()を呼び出し、グラフィクスファイルを閉じる。
png("filename.ext", width=w, height=h) # w:幅, h:高さ

【例】myPlot.png を作成する

png("myPlot.png", width=648, height=432) # サイズの指定は任意

plot(x, y, main="Scatterplot of X, Y")   # main はタイトル

dev.off()

各プラットフォームで使用できる関数のリストは

help(Devices)

で確認できます。

Rmdファイルの変換

Rmd(Rマークダウン)ファイルの変換メモ。

MathjaxにおけるLatexコマンドのテスト


$$\TeX$

$$\LaTeX$

$$
\begin{align}
(a+b)^2 &= (a+b)(a+b) \tag{3.1c} \\
&= a^2 + ab + ba + b^2 \tag{$\dagger$} \\
&= a^2 + 2ab + b^2 \tag{$\ast$}
\end{align}
$$